車査定で真っ先に見られる走行距離は、長ければ

走行距離が10万キロを超えている中古車は、業

走行距離が10万キロを超えている中古車は、業者に査定してもらってもたいていが、買取不可になってしまいます。

とはいえ、タイヤを変えてからまだ日が経っていなかったり、車検まで期間が残っている場合などの、何らかのメリットがあるとすれば思った以上に値段をつけてくれる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。 (さらに…)

自動車購入を考えている人が多い時期が、自動車を売却する人に

もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、車を

もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、車を買取業者に持ち込んで査定を受け、買い取り金額が確定して契約成立した後で減額するよう請求されることもあります。そんな時でも、よくよく調べると不備があったので、買取額を減額しますと言われてしまったとしても応じる必要はありません。 (さらに…)